ケガをしたら紫外線に当てたらダメ!

何かの拍子に、擦り傷や切り傷などを作ってしまうことってありますよね。

 

奈良公園では子供もよく見かけますが、とにかくよく転び、傷を作っています。

 

ちょっとした傷ならすぐに自然治癒するので放置してしまいがちですが、実はそんな傷、しっかりケアしないと、後々になって後悔することもあるのです。

 

その理由は、「傷痕」が残ってしまうから。

 

深い傷でなければ大丈夫なのではないかと思われてしまいがちですが、実は浅い傷でも、紫外線などに当てると跡が残りやすくなります。

 

中には、その点にこだわって、目立つ傷はガーゼなどを当てて3ケ月は紫外線から守るという人もいるほどです。

 

もちろん傷痕が残るのは、大人になってからも同じ。

 

何か傷を作ってしまった時には、特に紫外線ケアを徹底したいですね。

 

紫外線は、お肌に様々な悪影響をもたらしてしまいます。

 

日焼けはちょっとした火傷なので、例えば脱毛サロンに通っていても、日焼けがあれば断られてしまったりするんですよね。

 

奈良の脱毛は激安で楽しめるサロンも多いですが、激安でも、安全性へのこだわりは確か。

 

そのため、肌トラブルを防ぐために、日焼けしていたり傷痕がある場合は施術を断られるかもしれません。

 

スムーズに快適で安全な脱毛を受けていくためにも、そういったトラブルのないお肌を目指しましょう!